ようこそ葬儀の知識へ
当サイトについて
リンク集
ご意見
ホームへ

納棺から通夜

納棺

湯灌をする

遺体を清めるということで湯灌をします。現在ではぬるま湯に浸したガーゼ、または薬用アルコールなどで全身を軽く拭きます。(病院が行ってくれる場合もあります)
以前では、たらいに水を入れて、後からお湯を入れて全身を洗い清めてましたが、現在はこのような方法で湯灌をするところは少なくなってきました。

死化粧・死装束

亡くなった方のヒゲを剃ってあげたり、口紅を塗ってあげたりします。これは親族が行います。
死装束を着せてあげましょう。

お棺へ

遺体をお棺へ納めます。このとき身内が中心になってやりましょう。
そして、遺体の回りには、生前の時の故人が愛用していた物などを一緒に入れてあげましょう。愛用していた物でも、燃えやすいまたは燃えるものは一緒に入れてもかまいませんが、燃えにくいものや金属製品は入れることができない場合があります。
納棺が終わったら。祭壇へ安置しておきます。

通夜

僧侶のお迎え

通夜を行う時間は通常夕方から行います。その前に僧侶がいらっしゃるので、控え室などやお部屋へ通し、お茶などを運んでおきましょう。

準備が整ったら

準備が整い次第、僧侶に声をかけ見えたら、祭壇に近いとこから、喪主→肉親→近親者→友人という順番で一同着席をしておきます。
読経が始まり、途中で焼香ばある場合があるので、喪主から順番に僧侶へ一礼をして焼香をしていきます。地域などによって異なりますが、回し香炉の場合はそれぞれの席で行います。

通夜終了

通夜終了後には、状況をみて通夜の挨拶を喪主もしくは親族代表が行います。
そして、弔問客へ食事や飲み物を出して接待をしましょう。(通夜ぶるまい)現在では、簡単に口に運べるようにお寿司、おにぎり、サンドイッチ、オードブルなどが多くなってます。

遺体を守る

通夜は祭壇の選考やローソクが絶やさないように、親族や近親者が交代して守っておきましょう。

pickup

野菜 通販

http://www.xn--nckg3oobb0648jv4mmpgc8d.net/

最終更新日:2014/11/12

免責事項
『葬儀の知識』は、個人で一般的に調べられる所から、様々な資料をもとにして基本的な情報をまとめております。
『葬儀の知識』の情報やその内容につきましては、確実な内容を正確にお伝えしたいと思っておりますが、すべてが最新で正確な情報とは限らない場合もあると思いますので、ご利用の際は自己責任でお願いします。
『葬儀の知識』は、予告なしに内容及びURLの変更や削除をする場合がありますので、 あらかじめご了承下さい。
『葬儀の知識』での掲載されてるコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につきましては、無断で使用・複製することを禁じます。
『葬儀の知識』のバナーを用意しております。バナーはフリーで連絡は不要です。当サイトについてのページからご利用ください。
Copyright 葬儀の知識 Allright Reserved.