ようこそ葬儀の知識へ
当サイトについて
リンク集
ご意見
ホームへ

亡くなったらすること

臨終直後

家族・親族に連絡

肉親などに支給連絡します。

末期の水

臨終と医師から告げられたら、末期の水を。配偶者から順に血縁関係の濃い順に行っていきます。この場合、自宅へ戻ってから行うことが多くなっています。
割りばしの先ガーゼや脱脂綿を白糸で結ぶ、または新しい筆のぼ先を使用し、茶碗の水へ浸して、故人の唇を濡らしましょう。

葬儀屋へ連絡

病院で死亡した場合には、葬儀屋へ連絡すると、遺体を自宅や式場まで送ってくれます。葬儀屋は埼玉や大阪など地域に関わらず、基本的に24時間体制で受付してますので、いつでも連絡ができます。

死亡診断書

自宅で死亡した場合にも、医師の死亡確認が必要になります。
病院で死亡した場合には、入院費用の支払いを済ませ、荷物を持ち帰りましょう。

遺体の安置

遺体を自宅に

納棺するまでの間は座敷や仏間に安置しておきます。その際には北枕にします。(北枕が無理な場合は西枕でも良い)胸元には、魔除けの刃物をおいておきましょう。

飾り枕

枕もとには白い布をかけ小さな台で枕飾りをつくりましょう。枕飾りには、水、潜行、ローソク、枕だんご、一膳飯、花台を飾ってあげ、一膳飯は、故人が普段使用していた茶碗に丸く山のようにご飯を盛り、箸を真っ直ぐにつきたてましょう。

神棚封じをする

神棚の戸は閉めて、白紙をはり、仏壇は閉じます。

死亡届と火葬の手続き

現住所である市区町村役所へ「死亡届」を提出して、火葬の手続きも行いましょう。

僧侶へ連絡

寺院へ連絡をします

枕づとめの時間、故人の名前や続柄を伝え、都合を聞き、その際に通夜と葬儀の日時も相談しましょう。

枕づとめ

僧侶が来たら枕経をあげてもらいます。

僧侶と打ち合わせ

通夜、葬儀、初七日などの法要スケジュールを相談しましょう。
戒名や法名をつけてもらい、葬儀を務めてくれる僧侶の人数や送迎お布額の相談をしましょう。

注目サイト

太陽光発電 大阪

http://www.yokohamah.jp/

Last update:2014/11/12

免責事項
『葬儀の知識』は、個人で一般的に調べられる所から、様々な資料をもとにして基本的な情報をまとめております。
『葬儀の知識』の情報やその内容につきましては、確実な内容を正確にお伝えしたいと思っておりますが、すべてが最新で正確な情報とは限らない場合もあると思いますので、ご利用の際は自己責任でお願いします。
『葬儀の知識』は、予告なしに内容及びURLの変更や削除をする場合がありますので、 あらかじめご了承下さい。
『葬儀の知識』での掲載されてるコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につきましては、無断で使用・複製することを禁じます。
『葬儀の知識』のバナーを用意しております。バナーはフリーで連絡は不要です。当サイトについてのページからご利用ください。
Copyright 葬儀の知識 Allright Reserved.