ようこそ葬儀の知識へ
当サイトについて
リンク集
ご意見
ホームへ

喪服のマナー

通夜

通夜時の服装は男性の場合は黒の礼服がほとんど、または黒っぽいスーツを着用している方もみかかえますが、通夜というのは急な出来事なので、急いで駆け付けてくれたということもあるので、失礼にはあたりません。
女性の場合は黒っぽいスーツやワンピース、ツーピースが良いでしょう。また和装の場合である場合は、紋付羽織を着用します。

葬儀・告別式

遺族、近親者、世話役代表の場合には正式な喪服を着用します。
それ以外の一般客は、喪服でよいです。略式の場合、男性は黒っぽいスーツ、に黒ネクタイ、黒の靴下で。
女性の場合には、黒のワンピース、またはツーピースを着用し、和装の場合には黒の一つ紋を着用し、帯やバックなども黒色を用いましょう。また、アクセサリーは真珠ならつけてもかまいません。
世話役や喪家側の人として手伝いをする場合には喪章をつけます。

注意点

男性の場合は、黒のスーツを着用していれば喪服として着用しても問題はありませんが、女性の場合も黒のフォーマルを着用してるのであれば、問題はないのですが、手持ちの服で合わせる場合には気をつけてほしい点がありますので、以下をご覧ください。

1.光沢や透けるものは避けましょう。
2.夏場の場合、肌の露出を控えるようにし、袖のあるシンプルなデザインを着用しましょう。
3.ブラウスは黒のブラウスを着用しましょう。

子供、学生の服装

学生の場合だと男女とも制服が喪服となりますが、制服がない場合は黒、黒っぽい服装を着用し、胸の喪章やリボン、または腕章を右腕に巻くなどをしましょう。真夏の場合には白いシャツやブラウスに黒いズボンやスカートでもよいでしょう。
靴下は白か黒を、靴は黒がよいでしょう。

喪主の服装

喪主、遺族も通夜の時は正式な喪服ではなく男性の場合、黒のスーツに白のワイシャツに黒ネクタイと黒の靴下で、女性の場合は無地の黒のワンピースやツーピースを。和装の場合なら黒無地または地味な無地にしましょう。

法要の服装

喪服のようなものを着用しますが、1周忌や3周忌とどんどん回を重ねると同時に、一般的に喪の表現はひかえていき、黒の服装ではなく地味な服でも結構です。また、アクセサリーは目立たない物を着用しましょう。
和装の場合は、無地色の着物に黒帯を着用しましょう。

おすすめWEBサイト 5選

パナソニック

http://panasonic.jp/

水素水

http://www.h2labo.com/

2014/11/12 更新

免責事項
『葬儀の知識』は、個人で一般的に調べられる所から、様々な資料をもとにして基本的な情報をまとめております。
『葬儀の知識』の情報やその内容につきましては、確実な内容を正確にお伝えしたいと思っておりますが、すべてが最新で正確な情報とは限らない場合もあると思いますので、ご利用の際は自己責任でお願いします。
『葬儀の知識』は、予告なしに内容及びURLの変更や削除をする場合がありますので、 あらかじめご了承下さい。
『葬儀の知識』での掲載されてるコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につきましては、無断で使用・複製することを禁じます。
『葬儀の知識』のバナーを用意しております。バナーはフリーで連絡は不要です。当サイトについてのページからご利用ください。
Copyright 葬儀の知識 Allright Reserved.